政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/24(木)   CATEGORY: 未分類
ANAと米2社が独禁法除外申請
国際航空連合「スターアライアンス」に加盟する全日本空輸と、ユナイテッド航空、コンチネンタル航空の米2社は23日、米運輸省に対して、独占禁止法の適用除外(ATI)を申請した。日米間の太平洋路線で効率的な一体運用を図り、国際競争力の強化を狙う。他の航空連合の今後の出方が注目される。 以下略  産経ニュース 12/24配信より抜粋
---------------------------------------------------------
経営危機で迷走を続けるJALをしりめにANA、ユナイテッド航空、コンチネンタル航空のスターアライアンスに加盟する3社はオープンスカイ協定が締結合意したことを図って着々と戦略を実行しています。

オープンスカイ協定が成立したことにより太平洋路線はこれら3社が運行スケジュールを調整することができ、効率的な運営が可能になります。

特に太平洋路線だけでなく、ANAの持つ中国各地への路線との乗り継ぎに関してもスケジュール調整ができるので、アメリカから中国各地への直行便のないユナイテッドやコンチネンタルにはうれしい話だ。

しかもこれら2社はアメリカ各地への路線が充実しているので、ANAと組むことによりアメリカ各地から中国各地へのフライトが便利になります。

一方日本航空は経営再建でそれどころではないのですが、同じワンワールドのアメリカン航空とスカイチームのデルタとがJALへの支援を表明して提携し、ATI申請を行おうとしています。

ただ、スターアライアンスがこれで一歩ならず数歩先に出たのではないでしょうか?


森田誠の犬のしつけ
再チャレンジ転職法
公認会計士試験
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。