政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/21(水)   CATEGORY: 政治
日本郵政・西川社長が辞任
日本郵政の西川善文社長が2009年10月28日に予定されている取締役会までに辞任する見通しとなった。西川社長は10月13日に亀井静香郵政改革・金融相から郵政民営化の見直しについて説明を受けていた。政府の方針転換で、これ以上トップにとどまるのは適当でないと判断した。以下略
 Jcastニュース 10月20日配信より

-----------------------------------------------------------
日本郵政の西川社長がとうとう辞めさせられました。
亀井郵政担当大臣の意向が出ていると思いますが、鳩山政権はいったい郵政をどうしようというつもりなのでしょうか?

小泉首相の郵政選挙では自民党が圧勝したので民意を考えれば郵政は民営化すべきではと思いますが…。

確かに過疎地などではサービスが低下するかもしれませんが、採算性などを考えておかないと今後競争力がなくなってしまい国民に大きな負担がのしかかる可能性もあります。

また、郵便貯金であずけられた莫大なお金が民間市場に流れることによる経済の活性化も期待できなくなってきますよね!

今回の一件でもう民間から日本郵政の社長になる人はいなくなるのではないでしょうか?

ひょっとして日本郵政の次の社長には民主党の息のかかった人物を添え、日本郵政に今後発行されるであろう赤字国債を引き受けさせようとしているのではないでしょうか?

亀井大臣のモラトリアム発言も驚きましたが、一応金融機関も利益の追及を行っている私企業なのですからもしお金を貸すなら政府が直接貸した方がいいと思いますよね。

民主党が政権を取ってからしばらく経ちますが、ちょっと強引なところもちらほら出てきました。

霞ヶ関の改革など期待はしていますが、マニフェストの実行をするために国民への借金を増やすことは避けてもらいたいものです。


収益物件ヒアリングテクニック
国保が大幅に減税させる方法
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。