政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/10/14(日)   CATEGORY: 政治
ノーベル平和賞にゴア氏ら 環境問題への取り組み評価
ルウェーのノーベル賞委員会は12日、07年のノーベル平和賞を、地球温暖化問題について映画などで世界的な啓発活動を行った前米副大統領のアル・ゴア氏(59)と、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC、事務局・ジュネーブ)」に授与すると発表した。授賞理由で、両者が「人為的に起こる地球温暖化の認知を高めた」と高く評価した。途中略
クリントン政権の副大統領を務めたゴア氏は、00年の大統領選でブッシュ現大統領に接戦の末に敗北。その後、地球温暖化問題への取り組みを強めた。07年アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した「不都合な真実」(06年)に出演し、地球の変化を映像やグラフで解説した。以下略(10月12日asahi.comより抜粋)
------------------------------------------------------------------
アル・ゴア氏が「ノーベル平和賞」を受賞しました。
不都合な真実」は実はまだ見ておりませんが、地球温暖化への対策は全世界で早急に始めなければならない重要課題であることは間違いありません。

そのため、この地球温暖化の問題を各国に注目させるために彼にノーベル賞を与えたのかもしれません。

ただその取り組みがうまくいっていないのは事実!
二酸化炭素の排出量は先進国だけでなくインドや中国などの途上国にも認知してもらわなければならないのですが、これらの国は経済発展を優先するあまり、ほとんど耳を貸さないのが現状です。

また、いま話題になっているバイオ燃料もどうも納得がいかないところがあります。
そもそも、世界ではまだ食糧難で苦しんでいるところがあるというのにどうしてトウモロコシなどの食べ物をエタノールにして車の燃料にするのか?
これは遺伝子組み換え作物が人間の食物として受け入れられないためにそのかわりとして車に食べさせようというアメリカの思惑が見え隠れしているとしか思えません。

エタノールにするのなら食料でなく、その茎や葉、木などからセルロースを分解してエタノールを作る方向に行くべきです。

さらに、ガソリンエンジンなどの内燃機関は理論上、燃料の持つエネルギーの約30%までしか動力に使えません。
これからはガソリンエンジンからモーターなどの動力に替え、エネルギーは電気に変換する方法を考えるほうが効率がよくなるのは分かっていることです。

日本政府も温暖化ガスの排出を減らすことばかりを考えるよりも、たとえばオーストラリアと組んで砂漠に太陽光発電をおこない電気を作ったり、その電気を利用して海水の淡水化→砂漠の緑化→食糧の確保 などもっと温暖化ガスを吸収させてさらに食料を作るなど考えてもいいとは思うんですが、自国のことだけで精一杯なんでしょうか?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。