政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/08(木)   CATEGORY: 経済
ワークシェアで雇用維持?
日本経団連の御手洗会長は6日、東京都内で開かれた経済3団体トップによる共同会見で、深刻化する雇用問題に関連して「ワークシェアリングみたいな考え方も一つの選択肢になる」と述べた。社員1人当たりの労働時間を短縮して雇用を確保するワークシェアリングが、09年春闘で交渉テーマの一つになる可能性も出てきた。 毎日jp 1月6日配信より抜粋
----------------------------------------------------------

年末の派遣切りなどで行き場のなくなった労働者が派遣村などで過ごすニュースが流れたりして、雇用形態の問題が大きな話題となっています。

そんな中、経団連の御手洗会長がワークシェアリングという方法を検討することを提案しました。

ワークシェアリングとは要するに従業員同士の労働時間を短縮して雇用を分け合うこと。

住宅でもルームシェアという考え方があり、ドラマ「ラスト・フレンズ」でも舞台となりました。

そうすれば解雇される労働者も減少し、生産調整労働時間の調整で対処できるということらしいです。
御手洗会長といえばキャノンの会長でもあるわけですが、年末で起こった大分キャノンでの派遣社員など1100名以上の契約打ち切りでまさに問題になりました。
雇用側としては急激な消費の冷え込みで生産の調整をせざるを得なかったという理由もあると思います。
ただ、ニュースなどで見ていると数日で住んでいるところを追い出されるというのはちょっと被雇用者には厳しいといえますね。

やはりある程度住むところを確保していないと、次の就職活動にも力が入らないでしょうし。

ただ、ワークシェアリングという方法はいい方法ではありますが、ずっと正規社員として雇用し続けるということが前提となっています。それにワークシェアリングを行うと必然的に今までの給料よりも少なくなってしまうというデメリットもあります。
労働組合はこれを受け入れることができるかということも課題になるかもしれません。

いままで、派遣社員として働いていた人にはもちろん正社員になりたい人もいるでしょうが、期間を決めて働いている人もいるでしょうし、もともと自営などで自分の仕事を持っていたけど資金を得るために働いている人もいたわけで、それぞれの雇用形態を認め合った上で検討していくのもいいのではないでしょうか?

これからは価値観の多様化も進んでいくことでしょうし、労働の形態も多様化していくことでしょう。また、それに伴う法律の整備も必要になってきますね。


雇用融解

1,680円
これが新しい「日本型雇用」なのか


所得税の計算はややこしい?
復縁と恋愛方法
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。