政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/09/20(木)   CATEGORY: 政治
テロ特措法の期限延長問題
与謝野馨官房長官は20日午前の記者会見で、海上自衛隊によるインド洋での補給活動に関し、国連安全保障理事会が「謝意」を盛り込んだ決議を採択したことについて「(海自の)給油活動が国際的な評価を受けた。国連の意思と合致した行動を、日本はとってきたことに確信を得られたと思う」と述べた。…途中略

一方、民主党は20日午前の外務防衛部門会議で、補給活動継続反対の姿勢を変えないことで一致した。鉢呂吉雄「次の内閣」外務担当は「(謝意決議は)日本の自衛隊の活動を直接規定していない。(補給活動継続反対の)民主党の考えはまったく変わらない」と強調。同党の山岡賢次国対委員長も記者団に対し、「政府が手練手管で、国民をあざむくものだ」と強く批判した。  産経新聞より抜粋
------------------------------------------------------------------
混迷しているテロ措置法の延長問題ですが、国連安全保障理事会が「謝意」を盛り込んだ決議を採択してでもまだ民主党は反対のようです。

そもそもテロ特措法とはなんぞやということですが、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起きた同時多発テロ事件を受けて、国連安保理が1368号でテロによる攻撃が国際の平和及び安全に対する脅威と決議しされ、それを受けて日本がおもにアフガニスタンのテロ組織を攻撃するアメリカ艦船に対してインド洋上での燃料の補給やレーダー支援を行うというもの。(by wikipedia)(全文

要は9.11テロ →国連決議 →テロ特措法 ということになるのでしょうか。

国連中心主義を唱える民主党はこの法律の延長に賛成するのかと思うのですが、過去の記事を読んでみると、「われわれは国連ではっきりとオーソライズされた平和活動以外には参加できない立場だ」というのです。

う~ん。ちょっと分かりにくいですね。
国連安保理で決議された内容はオーソライズされていないと言うことでしょうか?

確かにアメリカは自衛権としてテロの報復という感じでしたけれども、アフガニスタンに派兵しているのはアメリカだけでなくNATO軍や国際治安支援部隊も参加しています。


ここで引き上げるというのは無理があるのではと思うのですが、小沢さんの戦略なのでしょうか?









スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。