政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/15(月)   CATEGORY: 経済
米証券大手リーマン、破産法適用申請へ
米証券4位のリーマン・ブラザーズは15日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請すると発表した。米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き危機に伴う信用不安などの影響で、同社は2・四半期連続で大幅赤字を計上、経営破綻(はたん)に追い込まれた。

 1850年設立の老舗リーマンの破綻は米金融業界全般に大きな動揺をもたらし、世界の金融市場に深刻な影響を与えるのは必至。サブプライム問題で傷ついている米金融業界では、破綻が連鎖する可能性もあり、米国は戦後最悪の金融危機に直面した。以下略 時事通信社 9月15日配信より抜粋

------------------------------------------------------------
リーマン・ブラザーズが破綻しました。

歴史は古く、日露戦争の時には日本に戦争資金を貸したことでも知られているアメリカ第4位の証券・投資銀行。

最近ではライブドア日本放送の株式購入資金を調達したことで有名でしたね。

9月には韓国の銀行から融資を得ようとしたり、バンク・オブ・アメリカバークレイズに買収してもらおうとしていました。

結局公的資金を受けることが出来ないため破綻しました。

ファニーメイフレディマックには公的資金を注入し、リーマン・ブラザーズに注入しないというのは、規模の大きさとか、借り手が個人か法人かとかなどにもよるのかもしれません。

リーマン・ブラザーズは第2四半期の純損失額は28億ドルとの発表でしたが、巨額とはいえないような金額です。

損益計算書を見る限りでは破綻とは思えないのですが、同社の株価やデリバティブの急速な損失が問題だったのかもしれません。

それとも資産が水増しされていたのでしょうか。

証券3位のメリルリンチバンカメに救ってもらいましたが、リーマン・ブラザーズは切り捨てなのかもしれません。

しかし、あっというまでしたね!

かつて山一証券が破綻した時を思い出してしまいました。

サブプライムローンの影響とはいえ、どのくらいのレバレッジをかけていたのでしょうか?

リーマン・ブラザーズの債権を持っている銀行などは株価にも影響しそうです。

日本でもA銀行やM銀行は売られそうですね。

すでにドルが売られ始めており、ドル安になっているそうです。

FXなどでドル買いポジションの人は気が気ではないでしょう。

株式も下がりそうです。





もみじ銀行は使える
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。