政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/27(水)   CATEGORY: 経済
赤字国債の発行?
経済対策大詰め 国債増発で閣内不一致 「辞さぬ」経財相VS「慎重」財務相

総合経済対策の策定作業が大詰めを迎えるなかで、閣内の足並みの乱れが鮮明になってきた。対策の規模や財源が焦点となっているが、赤字国債の発行を辞さない与謝野馨経済財政担当相に対し、伊吹文明財務相は慎重姿勢を崩していない。大規模対策ともなれば、ばらまき批判は避けられず、財政再建との両立は困難になる。省庁や与党からの圧力は日増しに強まっており、29日の取りまとめに向けて、策定作業は難しさを増している。
以下略 産経新聞8月27日配信より抜粋

------------------------------------------------------------
景気の減速に伴い、政府内では景気対策への期待から赤字国債を発行して燃料費の補填や、高速道路料金値下げなどに使おうという閣僚と財政再建の立場から赤字国債の発行には慎重になろうとする閣僚がいるようです。

今回の景気減速との原因のひとつといえるのは原油穀物工業原料の高騰によるところが多いといえます。

原油価格は高騰していますが、そろそろ価格のほうも頭打ちになり下落していきそうです。

北京オリンピックが終わって、中国では景気にリセッションが始まり、いままで原油や鉄鋼などを使っていたところも少なくなりそうです。

北京近郊ではマンションなどの不動産価格が下落し始めているそうですので、建設に必要な鉄鋼やセメントもだぶついてくるでしょう。

ということで、原油価格なども次第に落ち着いてくると考えています。


景気対策はするに超したことはありませんが、燃料費の補填や、高速道路料金値下げなどのようなバラマキ的な対策はどうかとも考えます。

効率の良いエンジンや燃料の開発、代替燃料の研究などに費用を費やしていって原油価格が高いままでも生き残っていけるようにするのが、いい方法ではないでしょうか?

もし、原油価格がこのままだったら、ずっと国債を出して景気対策を続けていくつもりなのでしょうか?

ただでさえ20兆円もの赤字国債を出し続けているというのに。

財政出動派

「ちょっとぐらい増えても」

と思っているのかもしれませんが…。

先日、政府は漁業関係者に燃料費の補助政策を打ち出しましたが、それを見てなのか、今度はトラック関係の業者がデモを行いました。

燃料費が高騰して、厳しいのは漁業関係者だけではなくて、燃料を使う産業全体なんですよね!


もし、景気対策するのならカンフル剤的な対策ではなくて、根本的に日本経済の足腰が強くなるような対策を望んでいます。


ETC
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。