政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/02(水)   CATEGORY: 経済
米新車販売が減少
<米新車販売>トヨタ21%減 原油高騰など影響
米調査会社オートデータが1日まとめた6月の米新車販売台数によると、業界全体の販売台数は、前年同月比18.3%減の118万9108台と8カ月連続で前年実績を下回った。以下略
毎日新聞 7月2日配信
------------------------------------------------------------

アメリカ景気減速感原油高騰の影響が車の新車販売に出てきたようです。

いままで好調だったトヨタでさえ前年同月比で21.4%減となり、かなり危機感があるようです。

ただホンダだけが1.1%増を確保しましたが、ビッグ3も軒並み減少したそうです。

ガソリンが上がったとはいえ日本のように高い税金がかからないので1リットル110円ほどなのですが、いままで湯水のごとくガソリンを使っていたアメリカ人にとってつらいでしょうね。

アメリカでは燃費のよい小型車プリウスのようなハイブリッド車に人気があるようです。

もう車より自転車で通勤する人もいるようで、CO2の減少には寄与しているみたいです。

中にはゴルフのカートで買い物に行く人もいるそうです。ひょとするとアメリカでも軽自動車が売れ始めるかもしれませんね。

昔の光岡自動車ゼロハンカーも売れるかもしれませんよ。

ガソリン高を逆手にとってビジネスするのも発想の転換です。

燃費の悪いピックアップトラックフェラーリーランボルギーニのようなスーパーカーは分が悪いですが、金持ちはガソリン価格なんてあまり気にしないのでしょうね。

ガソリンも会員制のコストコで入れる人も多くちょっとでも安く手に入れようと列をなしているようです。

ただここまで原油が高騰すると世界経済に確実に影響を与えますので、今年中には大暴落の可能性があるのではないでしょうか?




スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。