政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/28(水)   CATEGORY: 未分類
高級料亭「船場吉兆」廃業へ
客が食べ残した料理を使い回していた高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が廃業する方針を固めた。

28日午後に発表する。女将の湯木佐知子社長(71)が全従業員に伝え、同日中に取引先の金融機関にも説明するという。

同店は牛肉産地偽装事件などで経営が悪化し、民事再生手続き中だった。今月上旬の使い回しの発覚で客離れが一層進み、収益を確保できる見通しが立たなくなった。
5月28日9時36分配信 産経新聞より抜粋
------------------------------------------------------------

船場吉兆廃業したそうです。
客に出した料理の使い回しが決定打になったようで、いくら過去のこととはいえそのニュースを聞いた人は二度と船場吉兆に行こうとは思わないでしょう。

女将(湯木佐知子社長)の世間の常識から離れた感覚もなんか違和感を感じます。

使い回しが発覚したときも「弁解の余地なく、手前どものモラルの問題と受け止めて猛省しています。(湯木正徳)前社長の『もったいない』という指導の流れが今回の事件につながった。大変申し訳ございません」などといっていましたが、本当に女将が何も知らなかったとは思えないんですけどねぇ。


どんな有名な料亭でも客の信用がなくなればあっという間につぶれてしまうという典型的な例なのでしょう。

食の安全をないがしろにしてお金儲けだけに走ったのが第一の原因ですね。

今後どうなるかは分かりませんが、新しい資本が入り関係者を一新し、一から出直しておいしい料理を出してくれるといいですね。

船場吉兆は民事再生手続き中なので、そういうことはできないのでしょうか?




ちゃんこダイニング若の魅力
スポンサーサイト
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。