政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/10(土)   CATEGORY: 経済
ギリシア国債でついにCDS発動
デリバティブ(金融派生商品)取引の業界団体である国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は9日、会合を開き、ギリシャ政府による債務削減に関して、デフォルト(債務不履行)に備えた保険の機能を持つ金融商品「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」の支払い事由に該当するとの見解を全会一致で決定した。以下略 時事通信3月10日配信より抜粋
--------------------------------------------------------

国際スワップデリバティブ協会というところがギリシアの債務削減策がついにCDSの支払い事由に該当すると決めました。

これでどうなっていくのでしょうか?

このCDSを売った側がギリシア国債で損をした分を支払わなければいけません。

このCDSを売った側はどこなのでしょう?

証券会社とかになるのでしょうか?

このギリシア国債のCDSの支払いができないとその会社もデフォルトになり、その会社のCDSを売っていた会社がさらにCDSの決済を求められ、そこの会社も支払い出来ずにデフォルトするとさらにそこの会社のCDSを売った側が支払いを求められ……。

というのが一番最悪のパターンとなりますがこれは株式市場も荒れるかもしれません。



ヨーロッパやアメリカではかなりやばいとも言われていますが、どうなっていくのでしょうか?

CDSを売るにはある程度制限を設けていたほうがいいような気がします。

CDSが時限爆弾と言われていますが、あまり投機的な金融は制限してもうちょっと健全な投資活動が行えるように世界中で話し合ったほうがいいかもしれません。


光速不動産投資
看護師 ブランク
プレミアムA
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。