政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/26(金)   CATEGORY: 金融
ギリシャの財政危機でユーロ圏がIMFに支援要請へ
欧州単一通貨ユーロ圏16か国は25日、ブリュッセルで臨時首脳会議を開き、ギリシャの財政危機収拾へ向け、国際通貨基金(IMF)にギリシャ政府への緊急融資を要請する方針で合意した。

 実施時期は決めず、資金繰りが行き詰まった場合に限って発動する。1999年の単一通貨導入以来、ユーロ圏参加国がIMFに支援を求めるのは初めてとなる。以下略 YOMIURI ONLINE 3月26日配信より抜粋

-----------------------------------------------------------
そろそろギリシャの最終局面が見えてきました。
ギリシャが財政危機でどうにもいかなくなった場合に、ユーロはIMFへの支援を求め、融資の3分の1を引き受けてもらうことになったようです。

あまりアメリカの介入を受けたくないフランスがドイツに譲歩した形となります。

てかまだギリシャはIMFに要請すらしていないのですが、ユーロ各国は決定してしまっていいのでしょうか?
ギリシャのメンツなんて考えてもいないでしょうね!

というわけでギリシャのEU離脱という線は消えた感じになりそうです。

ただ、ギリシャ国民はIMF管理下で超緊縮財政を強いられるため苦しい生活をしなくてはならないでしょう!
デモ・暴動多発かもしれません。

次はポルトガル、スペイン、アイルランドということになりそうですが、これもIMFが支援ということとになるのでしょうか?

ユーロはしばらく弱含みで推移しそうです。


これからはじめる人のためのFX練習帳

1,000円



山本伸一のトップディーラー育成プログラム
酒井一郎のシンプル・イングリッシュ
スポンサーサイト
page top
DATE: 2010/03/08(月)   CATEGORY: 金融
アイスランドの国民投票で預金者保護は否決
億万長者になるための成功法則経営破綻(はたん)した大手銀行の英国、オランダの預金者を公的資金で保護する法律の是非を問うアイスランドの国民投票は7日夜、開票作業が終了した。
地元国営放送によると、最終的な反対票は93.2%で、
1.8%の賛成票を圧倒的に上回った。投票率は62.7%。
以下略  毎日JP 3月8日 配信より抜粋


-----------------------------------------------------------
金融危機で破綻したアイスランドのランズバンキ傘下にあるアイスセイブに預金していた預金者の口座が凍結されている問題で、アイスランドの国民投票は93.2%の反対で、公的資金の注入を否決しました。

普通に考えれば、他国の銀行に金利が高いからといって預金したのだから、自己責任ということになると思うのですが、この高金利で欲に目がくらんで大金をつぎ込んだ外国人も多いかもしれませんね。

イギリスとオランダの40万人の口座、約4500億円というからみんなやっていた感じがします。

で、これからイギリスとオランダ政府はどうでるかが注目されます。

イギリスとしては腹が立っているのでしょうが、アイスランドの位置関係からロシアの基地がアイスランドに出来てしまったりしたら大変ですからね。

ある一定の金額を上限として預金保護ということになるでしょうね。

アイスランドからすれば他人の預金まで返済している余裕はないのかもしれません。






『光速』不動産投資成功法
億万長者になるための成功法則
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。