政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/30(火)   CATEGORY: 金融
金融安定化法案を否決
米下院は29日、本会議を開き、最大7000億ドル(約75兆円)の公的資金で金融機関から不良資産を買い取る金融安定化法案(2008年緊急経済安定化法案)を共和党保守派などの反対多数で否決した。議会は10月2日に再開されるが、法案の行方は全く見通しが立たなくなっている。法案否決を受けて、ブッシュ大統領は30日朝に、金融システム安定策について緊急声明を出す。 以下略 時事通信社 9月30日配信より抜粋

------------------------------------------------------------
アメリカ下院で金融安定化法案賛成205反対228否決されました。

28日には民主党のペロシ下院議長ポールソン米財務長官などのあいだに合意が成立していましたが、造反議員がこんなに出てしましました。

党議拘束なんてアメリカではないのですね。さすが自由の国と言えます。

これによりニューヨーク・ダウは777ドルも下げてしまいました。

この法案は7000億ドル(約75兆円)もの巨額のお金を金融機関からの不良債権買取に使うというもの。

75兆円といえば日本の国家予算に近い金額。

こんな巨額のお金をアメリカ国民税金から果たして経営に失敗した銀行に投入していいのかというかというごく当たり前な疑問が投げかけられたのかもしれません。

こういう意味では健全なのかもしれませんが、下院議員は選挙が控えているので有権者の声も意識しているとも書かれています。

この調子だと小さな銀行などいくつかの金融機関は破綻に追い込まれる可能性があるでしょうし、もう少し混乱するかもしれません。

ただ、今回の否決はアメリカの金融機関にとってはハードランディングになるにしても、その後の立ち直りは日本のように10年近くかからず、意外と早くに金融正常化するのではないでしょうか?

ただ、ハードランディングではなくクラッシュしてしまうと大変ですが!

欧州日本で債権が回収出来ない自体になると今後はアメリカへの投資意欲は減退するとともに信用度も低下してしまうでしょうね。

日本でも株式相場は下げていますが、金融に関しては欧米に比べてダメージがそれほど無かったのでしばらくすると持ち直すのではないでしょうか?

為替はやはり円高に振れています。しばらく円高基調になるのではないでしょうか?

それにしてもサブプライムローンという低所得者向けの住宅ローンのことだけでこんなに混乱してしまうとは誰も考えなかったのではないでしょうか?

だいたい返済金額がどんどん上がっていくローンなんて誰が考えてもいつか返済出来なくなるローンだと思えますけど誰も心配しなかったのではないでしょうか?

テレビで見ていたのですが、はじめは月に10万程度の返済で良かったのが、だんだん増えて月に40万円ぐらい返済しなくてはいけないようになります。

クリントン大統領の時代にこの制度が出来たそうですが、

こんなの無理じゃん!

て、素人の私でも分かるような返済方法でした。

そのツケが今吹き出してきたのでしょうね。

ここはアメリカらしく市場原理に任せるという方法も一つの手です。

日本のバブル崩壊からかかった時間とアメリカのサブプライムショックから復活するまでの時間を比較してみたいなとも思うのですが、債権を持っている金融機関はヒヤヒヤかもしれません。
スポンサーサイト
page top
DATE: 2008/09/25(木)   CATEGORY: 政治
麻生内閣発足
麻生「おれ様内閣」自ら閣僚名簿発表

 前代未聞の「おれ様内閣」が誕生した。自民党の麻生太郎総裁(68)は24日、衆院本会議で第92代首相に選出された後、麻生内閣を発足させた。通常、官房長官が行う閣僚名簿の読み上げを自ら発表。気心知れた「お友達」と地味な「実務派」で脇を固め、主役は自分だと言わんばかりの布陣だ。祖父吉田茂元首相譲りともいえるワンマンぶりを発揮した。唯一のサプライズで、34歳の小渕優子衆院議員を戦後史上最年少で少子化担当相に起用した。 以下略 日刊スポーツ9月25日 より抜粋
------------------------------------------------------------
麻生内閣が発足しました。

麻生総理自らが閣僚名簿を読み上げて、逐一説明しました。

総理大臣が自ら閣僚名簿を読み上げるというのは、初めて見ましたが、日刊スポーツの意見とは違い、私には新鮮に思えました。

閣僚の中では小渕優子衆院議員の少子化対策大臣が目を引きました。

後はこれといったサプライズはありませんが、農林水産大臣の 石破 茂氏は現在事故米の影響で批判が集中している農林水産省の対応などに当てさせるために辞任したりして逃げない対応をするだろうということで起用したのでしょう。

心配なのは総務大臣の鳩山 邦夫さんですね!

鳩山さんは法務大臣の時も「友人の友人がアルカイダ」とかいろいろと放言や失言をしましたが、おそらく今回もやりそうです。

麻生さん自体が失言する可能性もあり、普通は官房長官あたりがそれを止めなくてはならないのですが、河村 建夫さんがそれを止められるかどうかは未知数です。

福田内閣に比べて力強さを感じることは出来ました。

しかし、組閣してたぶん数ヶ月で解散総選挙になるでしょう。

選挙後の結果はいまのところ読み切れないので、しばらく政局では混乱が避けられそうにないでしょうね!

問題は山積しています。政局を安定させ実行力のある法案を出して欲しいです。

とりあえず、補正予算は成立させてもらいたいですね!



少子化社会白書を見てみよう
page top
DATE: 2008/09/22(月)   CATEGORY: 政治
自民新総裁に麻生氏を選出、351票獲得
自民党総裁選は22日午後、党本部で開いた両院議員総会で、麻生太郎幹事長(68)を第23代総裁に選出した。

 総裁選は党所属国会議員票386票と各都道府県連に3票が割り当てられた地方票141票の計527票で行われた。無効票は2票だった。
以下略 YOMIURI ONLINE 2008年9月22日15時22分 配信より抜粋
-----------------------------------------------------------

大方の予想通り、麻生太郎幹事長が527票中351票を獲得し、圧勝しました。

4回目の挑戦でやっと念願の総理大臣になりました。

小泉元総理も3回目の挑戦で総理になれたのだから、麻生さんもかなりの粘り腰です。

小泉改革と比べると麻生さんは財政出動に積極的で方針を変更しそうです。

プライマリー・バランス・ゼロへの目標は遠退きそうです。

外交的には中国や韓国とは少しギクシャクしそうですね!

意外にもクリスチャンであり、靖国神社に参拝するということはなさそうですが、

麻生さんにはこれから露出が多くなるので、こんなこと書くと怒られそうですが、いつ失言するのかワクワクしますね!

これから組閣に着手するわけですが、今肝心の年金問題にはそのまま桝添大臣を留任させて欲しいですね。

それから事故米に関しては今後このような事故が起こらないようにしてもらいたいです。

補正予算編成後は総選挙に突入するといわれていますが、選挙をやると確実に自民党は数を減らすことになりますが、どこまででとどまるかが争点となります。

しかし民主党ももうひとつパッとしないので、選挙で単独過半数を取れるか疑問です。

自民党+公明党で過半数を取れなかったときどうなるかですね!

いざとなれば国民新党とも連立に組み込む可能性もあります。

政権を取るためには節操などありませんからね。自民党は

民主党が過半数を取れなかったとき、他の政党を素早く抱き込んで連立することが出来るかがカギになるかもしれません。

いまのところそれが出来るのは、やはり小沢なのかもしれません。

ほかの民主党議員はちょっと柔軟性に欠けるような気がしますし…。


麻生さんは漫画を読んでいるのが話題で「ローゼンメイデン」という漫画を読んでいたことからオタクっぽい若者から「ローゼン麻生」といわれて人気があります。

漫画雑誌はほとんど読んでいるそうで、車の中に雑誌を持ち込む映像が流されたりもしています。

ただ読んでいる割には「名探偵コナン」を読み間違えたり、ジャンプで有名だった「るろうに剣心」の質問に答えられなかったそうです。

麻生太郎さんは吉田茂元首相を祖父に持ち、高祖父には明治期に活躍した大久保利通を持つという家系。

麻生太郎さんはもつ鍋の発祥の地福岡ですが、大久保利通篤姫で有名な薩摩出身。

妻には元総理大臣の鈴木善幸の三女を迎えています。

政治家の2世3世が多いと言われますが、麻生家は財閥だけでなく政治家を生み出している家系なんですね。

コンチョ
page top
DATE: 2008/09/15(月)   CATEGORY: 経済
米証券大手リーマン、破産法適用申請へ
米証券4位のリーマン・ブラザーズは15日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請すると発表した。米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き危機に伴う信用不安などの影響で、同社は2・四半期連続で大幅赤字を計上、経営破綻(はたん)に追い込まれた。

 1850年設立の老舗リーマンの破綻は米金融業界全般に大きな動揺をもたらし、世界の金融市場に深刻な影響を与えるのは必至。サブプライム問題で傷ついている米金融業界では、破綻が連鎖する可能性もあり、米国は戦後最悪の金融危機に直面した。以下略 時事通信社 9月15日配信より抜粋

------------------------------------------------------------
リーマン・ブラザーズが破綻しました。

歴史は古く、日露戦争の時には日本に戦争資金を貸したことでも知られているアメリカ第4位の証券・投資銀行。

最近ではライブドア日本放送の株式購入資金を調達したことで有名でしたね。

9月には韓国の銀行から融資を得ようとしたり、バンク・オブ・アメリカバークレイズに買収してもらおうとしていました。

結局公的資金を受けることが出来ないため破綻しました。

ファニーメイフレディマックには公的資金を注入し、リーマン・ブラザーズに注入しないというのは、規模の大きさとか、借り手が個人か法人かとかなどにもよるのかもしれません。

リーマン・ブラザーズは第2四半期の純損失額は28億ドルとの発表でしたが、巨額とはいえないような金額です。

損益計算書を見る限りでは破綻とは思えないのですが、同社の株価やデリバティブの急速な損失が問題だったのかもしれません。

それとも資産が水増しされていたのでしょうか。

証券3位のメリルリンチバンカメに救ってもらいましたが、リーマン・ブラザーズは切り捨てなのかもしれません。

しかし、あっというまでしたね!

かつて山一証券が破綻した時を思い出してしまいました。

サブプライムローンの影響とはいえ、どのくらいのレバレッジをかけていたのでしょうか?

リーマン・ブラザーズの債権を持っている銀行などは株価にも影響しそうです。

日本でもA銀行やM銀行は売られそうですね。

すでにドルが売られ始めており、ドル安になっているそうです。

FXなどでドル買いポジションの人は気が気ではないでしょう。

株式も下がりそうです。





もみじ銀行は使える
page top
DATE: 2008/09/14(日)   CATEGORY: 政治
ネズミ食え!インド・ビハール州政府が仰天政策
食料価格高騰問題が深刻化する中、インド東部ビハール州政府がこのほど、住民にネズミの肉を食べるよう奨励することを検討し始めた。インドでは、備蓄されている穀物の半数がネズミに食べられてしまうため、備蓄穀物を守る狙いもあるという。州当局者は「ネズミの肉は健康によい」と説明しており、政府系レストランでネズミ料理を導入する考えだ。
以下略 スポーツ報知 9月14日配信より抜粋
-----------------------------------------------------------
今日はちょっと外国の食のお話。
インド東部ビハール州の州政府が

みんなでネズミを食べよう!

といいだしました。

世界的な穀物価格の上昇で、インドの人たちも食料を手に入れるのが大変になってきました。

石油価格の高騰から穀物価格の高騰が起こりとうとうインド州政府にこのような政策をさせるまでになりました。

インドでは備蓄している穀物の半分がネズミに食べられてしまうというので、その穀物を守るのも兼ねてネズミを食べようということらしいです。

穀物の半分が食べられてしまうというのもすごいといえますが、ネズミを食べるという発想もなかなかです。

ネズミは伝染病を媒介する動物として避ける傾向にありましたが、インドの低カーストの人は食べていたとのこと。

インド以外にはタイでも田舎では昔ネズミを食べていましたしカンボジアでは今でも食べられているそうです。

われわれ日本人が連想するのは都会のドブネズミですが、インドではそうではなくてたぶん田んぼなどに棲んでいるネズミだとおもいます。

ネズミをよく洗って調理すれば、大丈夫かもしれませんがちょっと見た目があるので、この政策はうまくいくかどうか分かりませんね。

ミンチにしたりして食べるといいかもしれません。

日本でも昔スズメを食べていましたので、ネズミでも意外と年輩の方は抵抗がないかもしれませんね。

そんなこと書くと怒られそうですが。

インドの国営レストランではネズミ料理のメニューを出すと言っているので、かなり本気なのでしょう。

どんなメニューが出るのでしょうね。

ネズミのステーキ、ネズミの唐揚げ、ネズミの串焼きとか鶏の照り焼きならぬネズミの照り焼きなんてのが出たりして。

ミンチにしてネズミ肉のハンバーグとかミートボールなんてのも考えられます。

ネズミを食べるのもいいですが、倉庫の穀物が半分もネズミに食べられないように対策するのも大切かと思うのですが。

インドは現在11億3000万人の人口がいるため、国民の胃袋を満たすためにはいろいろと考えなくてはいけないんですね。

頭の痛い問題です。



少子化社会白書
page top
DATE: 2008/09/08(月)   CATEGORY: 経済
米政府、ファニーメイとフレディマックを政府管理下に
米政府は7日、政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を政府の管理下に置くと発表した。
 悪化する米国の住宅市場や経済を支えるため、積極的な支援に乗り出す形となった。
以下略 ロイター9月8日6時27分配信より抜粋
-----------------------------------------------------------------------------
とうとうアメリカ政府公的資金を投入することを決断しました。

ファニーメイフレディマックとあわせて1兆6000億ドルの債務があるといわれていますが、日本の国家予算2年分もの膨大な赤字。

2000億ドルの公的資金注入となるのですが、とりあえず今月の債務借りかえ2500億ドルをどうにか手当て出来る程度。

長銀に投入された公的資金は7兆9000億円(約730億ドル)、住専には7000億円でしたから、桁違いの金額といえるでしょう。

これにより日経株価は上昇し、ドルは買われました。

しかしいつまで持つかは分からないといえます。

残り1兆4000億ドルの債務は残っているだけでなく、アメリカの土地価格が下落しているので土地価格が下落すれば評価額も下がり、債務がふくらんでしまいます。

アメリカでは土地価格が下落して担保割れしても、そのまま土地を提供すれば残りの債務は免れるそうで、実際にローンを払いきれない人はそうする可能性が高いといえるでしょう。

実際には両者の債務は5兆3000億ドルといわれ、土地価格の下落によってさらにふくらむことは確実で、2000億ドルの公的資金なんぞ焼け石に水、泥沼状態といえます。

もともとアメリカ政府は公的資金の投入は企業のフェアな競争を阻害するものとして否定的だったのですが、もし破綻してしまうととんでもないことになってしまうので、ついに決断したのでしょう。

もし破綻してしまうとアメリカ国内だけでなく、ファニーメイとフレディマックの発行した不動産担保証券を持っているヨーロッパを中心とした金融機関は大損を被ることになり、これらの金融機関からは信用がた落ちになってしまいます。

そうなるとドル安だけでなくアメリカ国債も利率を上げないと購入してもらえなくなります。

そうなるのが大変なので、何が何でもこの問題を解決しなければならないのですが、かなり時間がかかりそうです。

とはいえアメリカの国家予算が2兆7700億ドルなのでこの2社の債務はとんでもない金額ということが分かります。最終的にやはり破綻させるしかないのではないのでしょうか?

日本のように結局税金で解決させるのか、国債を買わせて海外の投資家に損をさせるのか、ドルを刷りまくってインフレ誘導するのか、ぐらいしか思いつかないのですけど。





少子化社会白書

[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2008/09/01(月)   CATEGORY: 政治
福田首相が辞任
福田首相辞任してしまいました。

「なぜこのタイミングで」

ということになりますが、8月に内閣改造をして「やる気」を見せていただけに拍子抜けしてしまいましたね!

麻生幹事長が後継者として有力ですが、自民党では総裁選ということになるのでしょうか?

民主党小沢一郎が無投票で党首になることになるでしょうが、自民党のほうはそういかないかもしれません。

むしろ話題が自民党のほうにいってしまって、民主党には不利になる可能性もありますね。

麻生さんのほうが福田さんよりも人気があるので、選挙になっても大敗はしないかもしれません。

そこまで考え尽くされた辞任かどうかは分かりませんが…。

なんか辞任するなら洞爺湖サミットが終わってすぐの8月中に行ってもらった方が内閣改造とかせず、スムーズに国政もいったのになんて思うのですが…。

安倍首相が辞任したときは体調が原因だったのでしようがないですが、福田首相の時はなんか

「やる気あったの?」

っていいたい気がしますね。

昨年の9月から2008年の9月のちょうど1年間の期間でした。

大臣には国会でなんの答弁もせず、わずか1ヵ月で終わってしまう大臣もいるかもしれませんね。



収入印紙の貼り付けガイド
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。