政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/01(火)   CATEGORY: 経済
ガソリン値下げスタート 暫定税率、期限切れで
ガソリン値下げスタート 暫定税率、期限切れで

値下げをしたガソリンスタンドでは早朝から給油をする客が絶えない=1日午前8時29分、大阪府泉佐野市(前川純一郎撮影)値下げをしたガソリンスタンドでは早朝から給油をする客が絶えない
 揮発油税など道路特定財源の暫定税率の期限が切れた1日、全国の一部のガソリンスタンドが値下げ販売に踏み切り、ドライバーが列をつくった。ガソリン税は、製油所から出荷時に課税される「蔵出し税」で、暫定税率失効により1リットル当たり約25円下がった。横浜市にある石油元売り会社の製油所からはこの日、値下げガソリンを積んだタンクローリーが次々とスタンドに向かった。

 一方、3月末までに仕入れた在庫を売り切るまで価格を据え置くスタンドもあり、対応は当面、ばらつくことになった。スタンドの経営悪化や流通の混乱を懸念する声が広がっているほか、暫定税率失効による歳入不足で国と地方の財政に悪影響を及ぼす恐れも出ている。
産経ニュースより抜粋
------------------------------------------------------------------------------------

4月1日よりガソリン税の暫定税率が失効しました。この場合ガソリンの卸元でかかる税金が低くなるわけで、ガソリンスタンドのタンクの中にあるガソリンは税金がかかったままのガソリンなので4月1日から価格を下げるとガソリンスタンドの損となってしまいます。

それでも厳しい競争にさらされている経営者はまわりが値下げをすると同調しなければならなくなります。

民主党が参議院で多数派を占めたおかげでこの問題もみんなが考えるようになったともいえます。
予算が成立しないのでしばらく混乱は続くでしょうが、税金のかけ方や使い道についてこれからの日本のことを考えて議論していってもらいたいものです。

ガソリンが安くなることはいいのですが、税収が減って国や地方の財政状況がさらに悪くなるかもしれません。
ただ、道路特定財源といって道路関連のみにお金を使うというのもそろそろやめる時期に来たのではないでしょうか?

宮崎県知事の東国原知事は暫定税率の維持をTV番組などで訴えています。彼の主張も分かりますが、宮崎県のことしか考えていないような気がしてなりません。もっと国のことを考えられる人になってほしいものです。

確かに宮崎県に高速道路が出来ると観光客も増えるかもしれません。しかし、宮崎県民も福岡などの大都市に出ていってしまう可能性もあります。
現に九州で人口が増えているのは福岡だけです。若者が宮崎から出ていってしまったらますます高齢化してしまいます。

それに東京からの観光客は飛行機を使って来るのではないでしょうか。夜行バスという手もありますが…。

4月から小麦粉やバターなどの食料品の値上げが発表されている中でしばらくの間でもガソリンの値下げがあるのは救いかもしれません。



トヨタの株価をみる
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。