政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/24(木)   CATEGORY: 経済
ガソリン税の暫定税率について
『除雪もできない』『予算見切り発車』 暫定税率 自治体は必死の巻き返し


道路特定財源の堅持を求め、ガンバロウを三唱する都道府県議会議員=23日、東京・永田町の憲政記念館で
写真

 「道路を造るどころか除雪もできない」「地方崩壊だ」。今国会の最大の焦点となった揮発油税などの暫定税率をめぐり、新年度の予算編成作業を進めている自治体が大揺れだ。暫定税率が廃止されれば、地方全体の減収見込みは約一・六兆円。予算に大穴があくことから、道路整備だけでなく、他の歳出への影響を懸念する声も強い。国会や関係省庁の周辺では、税率維持を求める総決起大会や陳情が日増しにヒートアップしている。(今村実)
東京新聞2008年1月24日 朝刊より抜粋
------------------------------------------------------------------

道路特定財源の暫定税率の問題でもめています。現在のガソリン価格は150円前後ぐらいでしょうか?このうち半分が税金というのはやはり高いのではと考えられます。
ガソリン税をかけた金額にさらに消費税をかけるという税の2重取りも問題ではないでしょうか?
税金そのものをかけることに関してはいろいろ意見があると思いますが、道路を作るためだけにその費用をかけるのはもうやめてしまってほうがいいのではないでしょうか?
すべてストップとにしろというわけではありませんが、道路を作ったからといってその地域の経済が活性化するとは思えないんですが…
ストロー効果といって道や鉄道ができるとみんな都会に行ってしまう現象が問題になっています。

国民のみなさんもただガソリンが安くなるからという近視眼的な政策でついてくるでしょうか。これからの日本をどうしていけばよりよい社会を作っていけるか、本当に長い目で考えてほしいと思います。
財政がこれほど痛んでいるのにみんな道路を作れだの年金の一部を税負担せよだのこれからの子供たちのことを考えているのでしょうか?

みんなほんのちょっとずつ我慢して、これから育っていく人たちのために大きな負担をさせないよう、政治家の方々も国民も考えてみてはいかがでしょう。

FC2 Blog Ranking ←Click

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。