政治・経済・金融日々雑感!
日々のニュースから、政治・経済・金融の思ったことを書いていきます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/10/26(金)   CATEGORY: 経済
ダイハツ工業が過去最高益
中国での反日デモと日本製品のボイコットのお陰でトヨタ、ホンダ、日産などの日本車勢は軒並み売上を落として、トヨタの工場では1週間製造停止に陥ってひどい目に合っています。

そんな中でダイハツは中間連結決算で営業利益が743億円の最高益を出しました。

国内では景気がイマイチなのでミラ・イースなどの軽自動車が売れたのだそうです。

中国ではダイハツの独自ブランドでは販売せず、ほとんど売れていなかったので日本製品のボイコットの影響を受けなかったようです。

ダイハツはインドネシアとマレーシアで乗用車を製造しているようです。

今回の影響を受けなかったのは不幸中の幸いということでしょうか?

軽自動車も昔に比べれば特に遜色なく走りますし、税金も安いので人気がありますね。

ダイハツのミラ・イースタントはなかなか魅力的です。

ただ、ダイハツの海外展開はマレーシアとインドネシアだけのようです。

スズキはインドで展開していますが、ダイハツはどうなのでしょうか?

海外では軽自動車はなかなか浸透しないのかもしれませんね!


ペンちゃん
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/03/10(土)   CATEGORY: 経済
ギリシア国債でついにCDS発動
デリバティブ(金融派生商品)取引の業界団体である国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は9日、会合を開き、ギリシャ政府による債務削減に関して、デフォルト(債務不履行)に備えた保険の機能を持つ金融商品「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」の支払い事由に該当するとの見解を全会一致で決定した。以下略 時事通信3月10日配信より抜粋
--------------------------------------------------------

国際スワップデリバティブ協会というところがギリシアの債務削減策がついにCDSの支払い事由に該当すると決めました。

これでどうなっていくのでしょうか?

このCDSを売った側がギリシア国債で損をした分を支払わなければいけません。

このCDSを売った側はどこなのでしょう?

証券会社とかになるのでしょうか?

このギリシア国債のCDSの支払いができないとその会社もデフォルトになり、その会社のCDSを売っていた会社がさらにCDSの決済を求められ、そこの会社も支払い出来ずにデフォルトするとさらにそこの会社のCDSを売った側が支払いを求められ……。

というのが一番最悪のパターンとなりますがこれは株式市場も荒れるかもしれません。



ヨーロッパやアメリカではかなりやばいとも言われていますが、どうなっていくのでしょうか?

CDSを売るにはある程度制限を設けていたほうがいいような気がします。

CDSが時限爆弾と言われていますが、あまり投機的な金融は制限してもうちょっと健全な投資活動が行えるように世界中で話し合ったほうがいいかもしれません。


光速不動産投資
看護師 ブランク
プレミアムA
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/10/31(月)   CATEGORY: 金融
円がまた最高値
もう円高が止まりません。

31日朝のオセアニア外国為替市場で、円相場が一時、戦後の最高値となる1ドル=75円32銭まで急騰したそうです。

日本の経済は低迷していると言われますが、EUやアメリカはもっとボロボロです。

新しい投資先が見つからない以上安全な円を持っていようとするのは分かります。

それに日本の民主党はこの円高対策に対して効果的な政策を出せないと海外の投資家から思われているのかもしれません。

一時しのぎの為替介入では直ぐに元に戻ってしまいますし、5兆円程度の金融緩和では焼け石に水です。

もっと思い切った財政出動と金融緩和でマネーサプライを増やしていくしか根本的な円高解決には至らないのではないでしょうか?

今の増税路線では国内の消費は落ち込む可能性があるだけでなく、ますます円高になってしまう可能性があるのではないでしょうか?


【送料無料】「TPP開国論」のウソ

1,470円
平成の黒船は泥船だった 中野剛志 東谷暁 飛鳥新社発行年月:2011年05月 ページ数:302p



セルライト
冷え むくみ
排卵検査薬
page top
DATE: 2011/10/10(月)   CATEGORY: 経済
デクシア国有化で終わりの始まり?
経営難に陥ったフランス・ベルギー系金融大手デクシアは9日から10日にかけての取締役会で、主要株主の両国政府などがまとめた救済案を受け入れた。最大900億ユーロ(約9兆3330億円)の政府保証を得て不良債権処理を図るほか、グループ傘下のベルギーの銀行は同国政府に40億ユーロ(約4150億円)で売却、国有化される。 時事通信10/10 18:16配信より抜粋

--------------------------------------------------------
ギリシャのデフォルト危機に伴ってベルギーの銀行デクシアが国有化されました。

銀行部門を40億ユーロで買い取って国有化、政府保証が最大900億ユーロだそうです。

この銀行は紙くずになりそうなギリシャの国債やイタリアの国債を保有しているそうです。

市場ではもうギリシアは債務を返済できないと思われていますね。

ギリシアは3000億ユーロ程度の債務があるそうですが、主要な産業といえば観光業ぐらいしかありません。

それで公務員が3人に1人というからどうしようもありません。

ギリシア国民としては

「別にデフォルトしてもいいかも」

と思っているんじゃないでしょうか?

ただEUとしてはメンツもありますし、いままでギリシア国債を買い込んでいた銀行が一気に危機に陥ってしまう可能性があるので、なんとかデフォルトさせないようにしたいところでしょう。

今回のデクシアの他にもフランスの銀行もかなりギリシア国債を買い込んでいるみたいです。

たぶん今回と同じように国有化か公的資金投入ということになるのではないでしょうか?

バブル崩壊後の日本で起こった金融不安がヨーロッパで起こりそうです。

ただ、ギリシアを破綻させて債務超過に陥りそうな銀行にどんどん公的資金を投入したほうがいいかもしれません。

ギリシャ危機、他国の金融機関にも波及




スリーミニッツキャッシュ
光速収益不動産投資法
page top
DATE: 2011/08/01(月)   CATEGORY: 金融
米国債はなんとかデフォルト回避
アメリカ議会の見通しとして民主党と共和党が連邦政府の法定債務上限引き上げに向けて合意に達しそうだと発表されました。

債務上限額は最終的に2兆4千億ドルとなる見通しです。

そのかわり政府の財政赤字を10年間で1兆ドル削減する事になりそうです。

とりあえず、米国債の一時的デフォルトを回避することが出来たので、日本政府や中国政府もほっとしているのではないでしょうか?

為替もドルが買い戻されて1ドル78円台にまで買い戻され、日経平均株価も1万円台を回復してきました。

ただ、今回の合意でオバマ大統領は思い切った経済出動ができなくなる可能性が出てきており、ますますアメリカ経済が停滞してしまうのではないかと懸念されます。

また徐々にドルは下落していく可能性があります。

また、ユーロも今度はスペインなどの債務問題が出てきそうですので軟調に推移すると考えられます。

結局円が買われて円高ということになりそうです。

日本政府も思い切ってマネーサプライを増やして円高に対抗していったほうがいいと思うのですが、今の民主党ではできない政策なのかもしれません。


【送料無料】はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

1,575円



プラノバール
シチズン アテッサ
シーマスター
page top
Copyright © 政治・経済・金融日々雑感!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。